【DO!BOOK・ページリンク】
bearing   117 / 422

BOOKをみる

10秒後にBOOKのページに移動します


アラミドF1 特長 ●オイレスアラミドMの持つ耐熱・高硬度特性を生かしながら、軸受に 要求される耐摩耗性、低摩擦性能などの改良を加えた製品です。 ●耐熱性に優れ、高温での連続使用に耐えます。 アラミドM試験データ スラスト試験 <試験条件> 面  圧: 2.94N/mm{2 30kgf/cm2} 速  度 : 0.033m/s{2m/min} 試験時間 : 50h 潤  滑 : リチウム系グリース 0.20 0.10 0 摩擦係数 μ 摩耗量:0.006mm 0 10 20 30 40 50 試験時間〔h〕 スラスト試験 <試験条件> 面  圧: 2.94N/mm{2 30kgf/cm2} 速  度 : 0.033m/s{2m/min} 試験時間 : 120h 潤  滑 : タービン油 0.20 0.15 0.10 0.05 0 摩擦係数 μ 0 50 100 120 試験時間〔h〕 ※オイレスアラミドMは、潤滑下においてはすぐれた摺動性能を示します。 ※表の数値は代表値であり、規格値ではありません。 引張強さ 伸び 曲げ強さ JIS K 7161-1, -2 . ASTM D 256 N/mm{2 kgf/cm2} % N/mm{2 kgf/cm2} N/mm{2 kgf/cm2} ×10−5 ℃−1 . J/m{kgfcm/cm} 1.5 131.5{1,341} アラミドF1 機械的性質 室 温 86.4{881} 100℃ 68.6{699} 200℃ 57.3{584} 圧縮強さ 線膨張係数 硬さ JIS K 6911 . JIS K 7202 ASTM D 256 207.0{2,110.2} 4.4(30〜200℃) HRM115 29.4{3.0} アイゾット 衝撃強さ (ノッチ付) オイレスアラミドM 摩耗量:0.010mm 炭素繊維布フェノール樹脂 摩耗量:0.014mm 縮合型ポリイミド 摩耗量:0.011mm W W オイレスアラミドM・F1 は、帝人(株)のコーネックスRを使用しています。 116 選定の目安製品紹介樹脂系ベアリング複層系ベアリング金属系ベアリングエアベアリング技術資料スライドシフター会社案内