【DO!BOOK・ページリンク】
bearing   163 / 422

BOOKをみる

10秒後にBOOKのページに移動します


オイレステクメットB バックメタル付き四ふっ化エチレン樹脂複層軸受 特 長 ●無給油で使用でき、寸法安定性・機械的強度・熱伝導性に優れ、薄肉・ 軽量で、コンパクト化が可能です。 ●高速条件下で安定した低摩擦係数を示し、耐摩耗性に優れています。 ●高い寸法精度が必要な場合は、内径の旋削加工が可能です。 ●各種サイズの標準品を受注生産でお受けします。 使用範囲 潤滑条件 使用温度範囲 ℃ 許容最高面圧 P N/mm{2 kgf/cm2} 許容最高速度 V m/s{m/min} 許容最高 PV値 N/mm2・m/s{kgf/cm2・m/min} テクメットB 無潤滑 −50〜+250 19.5(137){199(1,400)} 2.50{150} 1.45{887} 逃げ角 すくい角 ノーズR 速度 切込み深さ 送り 超硬 K 種(JIS) 5〜10゜ 10〜20゜ 0.10〜0.20 60〜200 0.05〜0.10 0.05〜0.20 旋削加工方法 (mm) (m/min) (mm) (mm/rev) 刃 物条 件 内径 7 級(注1) 外径 − 長さ 8 級〜9 級 加工精度(ブッシュ) ( )は静的許容面圧:摺動をともなわないか、あるいは0.0017m/s{ 0.1m/min } 以下を目安としたきわめて低い速度で摺動する際の許容面圧を示します。 (注1) ハウジングに圧入後、加工した精度です。 摩擦面の表面粗さは、6.3〜12.5μmRyで 十分な性能を発揮できます。 熱膨張、チャッキング圧力、吸湿変形等によ り寸法が変化しますので、ハウジングに取付 け後旋削等により加工すると、高い精度が 得られます。 熱膨張、チャッキング、材料のたわみによる 寸法変化に注意が必要です。 オイレステクメットのリーマ加工は、量産時の 寸法維持がむずかしいので、旋削加工を推 奨します。 内径加工しろは直径で0.2mmとなってい ます。 充填剤入り四ふっ化エチレン樹脂層 バックメタル層 青銅焼結層 イメージ図 摺動面 ※表の数値は代表値であり、規格値ではありません。 ※上記値は、バックメタルの値です。 引張強さ 伸び 硬度 JIS Z 2241 JIS Z 2241 JIS Z 2244 380{3,875} 27 107 機械的性質 N/mm2{kgf/cm2} % Hv 圧入方法はP149、150を参照ください。 162 選定の目安製品紹介樹脂系ベアリング複層系ベアリング金属系ベアリングエアベアリング技術資料スライドシフター会社案内