【DO!BOOK・ページリンク】
bearing   167 / 422

BOOKをみる

10秒後にBOOKのページに移動します


圧入方法はP149、150を参照ください。 オイレスタフメットバックメタル付き固体潤滑剤分散型焼結軸受 特 長 ●耐荷重性・耐熱性に優れています。 ●往復運動・揺動運動・断続運転でも、優れた軸受性能を発揮します。 ●潤滑油が併用される場合、銅系焼結合金層の良好な油の保持性と含 有する固体潤滑剤の作用で、さらに優れた軸受性能を発揮します。 ●軸受が薄肉のため、コンパクトな設計が可能です。 ●導電性があります。 ●各種サイズの標準品を用意しています。 ジャーナル揺動試験 <試験条件> 軸受寸法 : φ40×φ44×.30 面  圧 : 9.8N/mm{2 100kgf/cm2}      19.6N/mm{2 200kgf/cm2} 速  度 : 0.014m/s{0.84m/min} 揺動角 : ±20° 揺動サイクル : 30cpm 試験時間 : 50h 潤  滑 : 組付け時グリース塗布 試験データ 0.40 0.30 0.20 0.10 0 摩擦係数 μ 0 10 20 30 40 50 試験時間〔h〕 19.6N/mm{2 200kgf/cm2} 9.8N/mm{2 100kgf/cm2} 使用範囲 潤滑条件 使用温度範囲 ℃ 許容最高面圧 P N/mm{2 kgf/cm2} 許容最高速度 V m/s{m/min} 許容最高 PV値 N/mm2・m/s{kgf/cm2・m/min} 無潤滑 −40〜+350 24.5(49){250(500)} 0.40{24} 1.65{1,010} ( )は静的許容面圧:摺動をともなわないか、あるいは0.0017m/s { 0.1m/min }以下を目安としたきわめて低い速度で摺動する際の許 容面圧を示します。 特殊固体潤滑剤分散型 銅系焼結合金層 バックメタル層 イメージ図 摺動面 W ※表の数値は代表値であり、規格値ではありません。 ※上記値は、バックメタルの値です。 引張強さ 伸び 硬度 JIS Z 2241 JIS Z 2241 JIS Z 2244 380{3,875} 27 107 機械的性質 N/mm{2 kgf/cm2} % Hv 標準品/受注生産品 166 選定の目安製品紹介樹脂系ベアリング複層系ベアリング金属系ベアリングエアベアリング技術資料スライドシフター会社案内