【DO!BOOK・ページリンク】
bearing   303 / 422

BOOKをみる

10秒後にBOOKのページに移動します


■シフトテーブルの静的許容荷重/動的許容荷重 N {kgf} ■2軸4台の許容モーメント N・m {kgf・m} 許容荷重、許容モーメント Parts No. 許容荷重 N{kgf} 許容モーメント N・m{kgf・m} BTC16 2,940 {300} 981 {100} 1,960×L2 {200}×L2 1,960×L1 {200}×L1 静的 動的 Mp My Mr BTC20 4,120 {420} 1,370 {140} 2,750×L2 {280}×L2 2,750×L1 {280}×L1 BTC25 5,880 {600} 1,960 {200} 3,920×L2 {400}×L2 3,920×L1 {400}×L1 BTC30 8,830 {900} 2,940 {300} 5,880×L2 {600}×L2 5,880×L1 {600}×L1 BTC40 14,100 {1,440} 4,710 { 480} 9,410×L2 {960}×L2 9,410×L1 {960}×L1 BTC50 17,700 {1,800} 5,880 { 600} 11,800×L2 {1,200}×L2 11,800×L1 {1,200}×L1 最大たわみ量 ガイドシャフトのたわみ量が0.1mmを超える場合、クリアランスの関係上摺動抵抗が増大することがあります。 シャフトのたわみ量は下のグラフを参照に0.1mm 以内を目安としてください。 ■計算式W . EI : 集中荷重(N{kgf}) : スパン(mm) : ヤング率(2.06×105N/mm{2 2.09×104kgf/mm2}) : 断面2 次モーメント(mm4) 中実軸πD4 64 中空軸π(D4−d4) 64 ■BGS 1軸当たりの荷重W N {kgf} 98 { 10} 196 { 20} 490 { 50} 981 { 100} 1960 { 200} 4900 { 500} 9810 {1000} 98 { 10} 196 { 20} 490 { 50} 981 { 100} 1960 { 200} 4900 { 500} 9810 {1000} 100 200 500 1000 2000 スパン.(mm) 100 200 500 1000 2000 スパン.(mm) ■BGSP 最大たわみ量= W.3 192 E I 最大たわみ量を0.1(mm)とした時 のスパン.と荷重Wの関係 最大たわみ量を0.1(mm)とした時 のスパン.と荷重Wの関係 1軸当たりの荷重W N {kgf} φ50 (φD) φ40 φ30 φ25 φ20 φ16 (φd×φD) φ35×φ50 φ30×φ40 φ20×φ30 L1 L2 Mr Mp My ※φdは内径公差 ●静的許容荷重:静止または静止に近い速度(0.0017m/s {0.1m/min} 以内)で  荷重を受ける時の許容荷重。 ●動的許容荷重:1.0m/s {60m/min} 以内の速度での許容荷重。 302 選定の目安製品紹介樹脂系ベアリング複層系ベアリング金属系ベアリングエアベアリング技術資料スライドシフター会社案内