トップ>免震・制震装置>橋梁用製品>既設橋の耐震補強

既設橋の耐震補強

既設の固定・可動支持構造橋の支承にLRBやBM-Sなどの免震装置やダンパーを適用することで、地震に対する安全性を向上させます。

既設橋の耐震補強製品の種類

  • 荷重支持、けたの伸縮・回転吸収機能など、支承の要求性能に対し長期間安定した性能を保ちます。
  • 地震時の水平力の分散比率を自由に設定することができ、より合理的な橋の設計が可能となります。
  • 鋼製支承に比べてメンテナンスが容易です。
  • 簡単な構造で取り換えが容易になります。
  • 鉛プラグの大きさを変えることで、構造物の大きさ、特性にあわせ、自由にLRBの特性を設計できます。
  • 荷重支持、けたの伸縮・回転吸収機能など、支承の要求性能に対し長期間安定した性能を保ちます。
  • 地震時の水平力の分散比率を自由に設定することができ、より合理的な橋の設計が可能となります。
  • 鋼製支承に比べてメンテナンスが容易です。
  • 簡単な構造で取り換えが容易になります。
  • 高いエネルギー吸収機能により、地震力と地震時の変位を小さくすることができます。
  • 装置がコンパクトで、かつ、製品ラインナップが豊富であるため、要求性能に応じたダンパーを必要な数、設置できます。
  • 耐震補強に用いる場合、付帯工事が少なく経済的です。施工のコスト縮減を可能にします。
  • ポストスライド等の施工時の水平変位調整不要です。
  • 温度変化等による不静定力が橋の耐震性におよぼす影響を低減できます。
  • 橋をより長周期化させることで地震時慣性力を低減できます。
  • 橋脚に低摩擦すべり支承を採用することで橋脚柱および基礎杭のスリム化を図ることができます。
  • 免震支承および制震ダンパーで大きな減衰性能を発現させることができます。
  • 桁の位置ずれや落下を防止し、耐震に優れた効果を発揮します。
  • 主に道路橋に使用されています。

既設橋の耐震補強の仕組み

既設橋の耐震補強の仕組みについてご紹介します。

お問い合わせ

オイレス工業の免震・制震装置に関するお問い合わせは
こちらからお願いします。