トップ>免震・制震装置>橋梁用製品>既設橋の耐震補強>既設橋の耐震補強の仕組み

既設橋の耐震補強の仕組み

固定・可動支持構造橋の稼働橋脚にLRBやBM-Sなどの免震装置やダンパーを適用することで、地震力を可動橋脚にも分散し、固定橋脚の負荷を軽減します。LRBやBM-Sは可動橋脚の耐力にあわせた抵抗力特性を自由に選定することができます。
LRBやBM-Sの高いエネルギー吸収性能により、地震力の低減と変位抑制を図ります。
また、既設支承を取替ることなしに、耐震補強を行うことも可能です。

既設の固定・可動支持構造の橋(耐震補強前)

既設の固定・可動支承を、LRBに交換する耐震補強(ノージョイント化)

BM-S採用例

スマートフォンでご覧の方はこちらから

お問い合わせ

オイレス工業の免震・制震装置に関するお問い合わせは
こちらからお願いします。