トップ>免震・制震装置>橋梁用製品>HPB(オイレス低摩擦すべり支承)

HPB(オイレス低摩擦すべり支承)

橋全体の耐震性能向上、長期耐久性向上、建設コスト低減の実現のために。

免制震すべりシステムとは

定義

「橋台間に挟まれた一連の落橋しにくい多径間連続桁橋にすべり支承を設置して上下部構造をアイソレーションさせ、温度変化等に起因する不静定力が生じにくい耐震構造とし、特定区間の下部構造に免震支承および制震ダンパーを用いて地震時の挙動を制御するシステム」

効果

  • ポストスライド等の施工時の水平変位調整不要
  • 温度変化等による不静定力が橋の耐震性におよぼす影響を低減
  • 橋をより長周期化させることで地震時慣性力を低減
  • 橋脚に低摩擦すべり支承を採用することで橋脚柱および基礎杭のスリム化を図ることができる
  • 免震支承および制震ダンパーで大きな減衰性能を発現させることができる

免制震すべりシステムのしくみ

免制震すべりシステムとは、ひとつの橋に免震とすべりと制震を組み合わせたものです。

免震:LRB。すべり:HPB。ゆったり大きく揺らし力を受け流す。制震:BM-S。減衰付加で揺れを小さくする。免制震すべりシステム。

オイレス低摩擦すべり支承(HPB)の構造と特性

高面圧および高速度に対応

オイレス低摩擦すべり支承(HPB)は、当社の主力製品である軸受の技術を応用した高面圧で高速度に対応する低摩擦すべり材を採用しています。

オイレス低摩擦すべり材(繊維強化熱硬化樹脂)低摩擦すべり材の詳細:SL材、アラミド+PTFE繊維、繊維強化熱硬化樹脂の積層

お問い合わせ

オイレス工業の免震・制震装置に関するお問い合わせは
こちらからお願いします。