トップ>免震・制震装置>橋梁用製品>免震橋梁と制震橋梁と荷重分散橋梁の違い>荷重分散橋梁の仕組み

荷重分散橋梁の仕組み

荷重分散橋梁とは

上部構造物をゴム支承により多点弾性支持し、上部構造物の慣性力を分散させ、地震から守る分散橋等を紹介しています。

荷重分散橋梁 RB、LRBを用い、水平力を各橋脚に分散します。LRBにより、さらに良い効果が得られます。

LRB・RBの設置例

実際の橋梁には以下のように取りつけられます。
LRB・RBは、コンクリート橋、綱橋など、あらゆる橋梁に設置が可能です。

お問い合わせ

オイレス工業の免震・制震装置に関するお問い合わせは
こちらからお願いします。