トップ>免震・制震装置>橋梁用製品>免震橋梁と制震橋梁と荷重分散橋梁の違い>制震橋梁の仕組み

制震橋梁の仕組み

制震橋梁とは

大地震を受けても構造部材に生じる作用力と応答変位を抑制するよう制震デバイスを用いた橋梁です。

制震橋梁 LRBとBM-Sを用い、応答を制御し、減衰します。

積層ゴム(アイソレーター)

荷重支持機能・回転吸収機能

鋼板で補強されたゴムが橋をしっかり支えてくれます。
ゴム単体に比べて上下方向の剛性が高く、構造物を安定して支持します。

荷重支持

制震技術の概要

制震橋の模式図

ダンパーには大きく2つの役割があります。それは、「減衰効果」「バイパス効果」です。上・下部構造間にダンパーを設置すると、減衰効果によって下部構造へ伝達される地震時慣性力が低減し、上部構造変位も抑制されます。また、バイパス効果によって下部構造分担水平力を任意に調整できます。

お問い合わせ

オイレス工業の免震・制震装置に関するお問い合わせは
こちらからお願いします。