トップ>免震・制震装置>建築用製品>免震

免震

免震構法

免震構法についてご紹介します。

免震の種類

免震とは建物と地面を切り離し、地震の揺れを建物に直接伝わらないように免震装置を設置し、建物を安全に保とうとする構法です。地震の力を減衰し、ゆっくりした揺れに変えるため、建物自体はもちろんのこと、建物内部も保護されます。
基礎免震は建物の基礎部に免震装置を配置するため、建物全部が免震化されます。
中間階免震は敷地境界のクリアランスが小さい場合等に、中間階の柱などに免震装置を配置するため、免震層より上が免震になります。

一般の耐震補強は、建物に耐震壁を設置したり柱梁を補強するものです。一方、免震装置を用いる工法(レトロフィット)は、建物にできるだけ手を加えないで耐震性を向上させるものです。このため、歴史的構造物や文化財など、その芸術性をオリジナルのまま保存したい場合や、建物を使用しながら補強が行えるなど、数多くのメリットがあります。

機器免震とは、免震装置により建物の床と機器や美術品とを切離して、伝わる激しい地震動をやわらげるもので、重要文化財や美術品などの社会的財産や貴重な設備機器を地震から守る理想的な対策といえます。

よくあるご質問

免震のよくあるご質問。

免震の実績

免震の施工実績についてご紹介します。

お問い合わせ

オイレス工業の免震・制震装置に関するお問い合わせは
こちらからお願いします。