トップ>免震・制震装置>建築用製品>免震>LRB-S(角型鉛プラグ入り天然積層ゴム型免震装置)

LRB-S 角型鉛プラグ入り天然積層ゴム型免震装置
Lead Rubber Bearing-Square type

優れた免震特性とエコノミーデザイン。

特長

  • 従来のLRBの性能を維持するとともに、駆体と免震装置の経済的な設計ができるエコノミーデザインです。
  • 水平全方向で安定した特性を示し、大変形に対する信頼性も確認されています。
  • 角型のため耐火被覆などが容易にでき低コスト化できます。
  • 同仕様の円形型に対して、ワンランク下のサイズで対応できるため設置面積を小さくできるコンパクト設計です。

構造

LRB-Sは、荷重支持および振動絶縁機能としての積層ゴムと、エネルギー吸収機能(ダンパー)としての鉛プラグを一体化した免震装置です。コンパクトで設置スペースをとらず施工性に優れています。

積層ゴムの働き(アイソレーター)

(1)荷重支持機能

鋼板で補強されたゴムが建物をしっかり支えます。

ゴム単体に比べて上下方向の剛性が強く、建物を安定させて支持します。

(2)水平弾性機能(長周期化)

地震の揺れをゆるやかな動きに変えます。

水平方向には柔らかいため、地震の激しい振動をやわらげ、建物の揺れを長周期化します。

(3)復元機能

建物を元の位置に戻します。

地震がおさまったあと、ゴムの持っている復元力で、建物を元の位置に戻します。

鉛プラグの働き(ダンパー)

(4)振動減衰機能

建物の大きな揺れを減衰させます。

積層ゴムの変形にともなって、鉛プラグが塑性変形をおこし、地震エネルギーを吸収するとともに、振動を速やかに減衰します。

(5)トリガー機能

地震以外の揺れを抑えます。

一定の力が加わるまでは鉛プラグの高い剛性で建物を固定するので、暴風などによる揺れを防ぎます。

基本特性

このグラフは、大地震を想定した変形をLRB-Sに加えた際の、力と変位の関係を表したものです。設計モデルと実測値はほぼ一致し、LRB-Sの安定した性能と高い設計精度が実証されています。LRB-Sの復元力特性は、2本の直線(バイリニア-モデル)で表され、構造解析上でのモデル化が容易です。

  • LRB-Sは図のモデルの他に、より精密なモデルもあります。詳しくはお問い合わせください。

よくある質問

この製品のよくあるご質問を紹介。

免震の施工実績

免震の施工実績を紹介いたします。

お問い合わせ

オイレス工業の免震・制震装置に関するお問い合わせは
こちらからお願いします。