トップ>免震・制震装置>建築用製品>制震

制震

制震構法

制震構法についてご紹介します。

制震の種類

建物にはその剛性や規模により、それぞれ異なった固有周期があり地震時や強風時にはその周期に従って揺れます。制震装置は建物のこのような揺れを制震装置の相対運動に置き換え、その際に生じる抵抗力によって振動エネルギーを吸収します。

一般の耐震は、建物に耐震壁を設置したり柱梁を補強するものです。一方、制震装置を用いる方法は、建物にできるだけ手を加えないで耐震性を向上させるものです。このため、歴史的構造物や文化財など、その芸術性をオリジナルのまま保存したい場合や、建物を使用しながら補強が行える、建物の機能が犠牲にならないなど、数多くのメリットがあります。

大屋根耐震・制震装置は、大空間構造物や大屋根の自重によるたわみや温度変化など、緩やかな伸縮は自由に逃がします。一方、地震の激しい揺れに対しては大屋根の慣性力を分散させ、構造物を守ります。

よくあるご質問

制震のよくあるご質問

制震の実績

制震の施工実績についてご紹介します。

お問い合わせ

オイレス工業の免震・制震装置に関するお問い合わせは
こちらからお願いします。