トップ>免震・制震装置>建築用製品>制震>耐震補強(レトロフィット)

耐震補強(レトロフィット)

オフィスビルの制震レトロフィットの一例を紹介します。

物件紹介(制震壁)

S.SRC造10階地下1階建、制震壁48基

設計
(株)久米設計
施工
清水建設(株)

物件紹介(BMD)

宮崎市庁舎

RC造9階、BMD42基

設計
(株)山下設計
施工
(株)鴻池組

山梨大学付属病院

RC造8階、BMD20基

設計
(株)山下設計
施工
西松建設(株)

日鐵木挽ビル

S造、BMD20基

設計
(株)山下設計
施工
(株)大林組

山万ビル

SRC造8階、BMD8基

設計
(株)山下設計
施工
戸田建設(株)

物件紹介(CFD)

(株)エヌビー中根屋配送センター(静岡県)

CFD6基

本建物は、制震性能の向上を目的として、増改築工事に合わせて建物の「制震化」を行ないました。
制震装置は、建物の変形が進みやすい方向に、オイレス摩擦ダンパー「CFD」200kNを6基配置しております。
制震構造としたときの目標は、建物の最大応答層間変形角を1/100以下とすることでした。
地震応答解析結果では、制震装置を設置しない場合は、建物の最大応答層間変形角が約1/53、最大応答層間変位が8.8cmとなっているのに対し、制震装置を設置すると、最大応答層間変形角が1/125、最大応答層間変位が3.6cmと半分以下、約40%に緩和されているのが確認でき、目標が達成されたことが確認できます。

富士火災銀座ビル

富士火災銀座ビルは、1974年に建設されたS造10階建の事務所ビルで、兵庫県南部地震の直後耐震診断を行いました。その結果、建物の短辺方向で保有水平耐力が全館で5~23%も不足しており、耐力を上げるには、梁や柱梁接合部を補強する必要がありました。しかしS造建築の場合、耐火被覆された梁や接合部の耐力を必要量まで上げることは困難な課題でした。

そこで構造部材の補強により耐力を上げる代わりに、制震壁を用いて地震応答を低減させる改修方法が採用されました。

制震壁は、偏心が起こらないようバランスを重視して、各階に4~8枚取付けられました。制震壁の性能は、最大加速度400ガルの地震入力に対して、各階の応答が保有水平耐力よりも小さくなるように設定されています。

富士火災銀座ビル

S.SRC造10階地下1階建、制震壁48基

設計/(株)久米設計 施工/清水建設(株)

診断結果
現行設計法に基づき保有水平耐力を検討した結果、短辺方向で保有水平耐力が必要量を最大20%を下回った。
改修方法
3~10階に制震壁を取り付けた鉄骨フレームを設置し、応答を低減するとともに、鉄骨柱をコンクリート巻きし補強。

応答加速度

せん断力

お問い合わせ

オイレス工業の免震・制震装置に関するお問い合わせは
こちらからお願いします。