本サイトは、快適にご利用いただくためにクッキー(Cookie)を使用しております。
Cookieの使用に同意いただける場合は「同意する」ボタンを押してください。
なお本サイトのCookie使用については、「プライバシーポリシー」をご覧ください。

お問い合わせ
国を選んでください
すべては小さな木質軸受からはじまった
PRODUCTS

異種金属間腐食 (ガルバニック腐食)

オイレスベアリングの摩耗の原因の1つである異種金属間腐食について掲載しています。

金属材料の組み合わせにおいて、そこに電解質溶液(雨水、海水など)が介在すると、電池作用が生じ、各物質の固有電位が卑なる方が選択的に腐食します(図1)。このように、固有電位差の異なる材質間に生じる腐食を異種金属間腐食(ガルバニック腐食)と呼びます。
参考として海水中における各物質の固有電位一覧を図2に示します。一般に、組み合わせる物質の電位差が大きくなるほど、異種金属間腐食が生じやすくなります。また、物質の固有電位は、電解質溶液の種類、溶液の流速、温度などによって変化するため、異種金属間腐食を生じさせないために使用環境に応じた材質選定が必要となります。

図1 異種金属間腐食 概略図

図2 各物質の固有電位一覧 ※[1]

写真1にオイレス#500における異種金属間腐食の例を示します。オイレス#500SP1-SL1に埋め込まれる固体潤滑剤は黒鉛系であり、相手軸の炭素鋼とは900 mV程度の電位差が生じます。写真1の例は、グリース封入式にて設計されていましたが、シールの破損によって雨水が侵入して腐食が生じており、貴な固有電位を有する黒鉛(固体潤滑剤)が、固有電位の卑なる炭素鋼(相手材)を選択的に腐食させていることが解ります。

写真1 異種金属間腐食の例

写真1 異種金属間腐食の例
相手軸:S45C焼入れ
軸受:オイレス#500SP1-SL1

異種金属間腐食の対策として以下の方法があります。

  • 水分との接触を避ける設計とする。
  • 軸受と相手材の接触面に油やグリースなどの油脂類を塗布する。
  • 軸受および相手材の材質の相互電位差を極力小さくする。
    一般には、組み合わせる物質の電位差を100 mV 以下とするのが目安です。
  • 最も有効な対策として、固有電位を持たない材質を採用する。
    対策案としては樹脂材質の軸受を使用する,あるいは,固体潤滑剤埋込型軸受の場合は樹脂系の固体潤滑剤(例:SL464)を使用することが挙げられます。

出典:[1] 腐食防食協会(編) 2000「腐食・防食ハンドブック」 p.174