トップ>免震・制震装置>建築用製品>免震、制震の違い

免震、制震の違い

各種手法の違い

免震とは?

免震とは建物と地面を切り離し、地震の揺れが建物に伝わらないように免震装置を設置し、建物を安全に保とうとする構法です。

地震の力を減衰し、ゆっくりした揺れに変えるため、建物自体はもちろんのこと、建物内部も保護されます。

制震とは?

高層ビルは地震や強風時に大きく揺れ、建物は壊れなくても安全性と居住性の確保は困難になります。制震構造は、建物に振動エネルギーを吸収する装置を取付け、地震や強風による揺れを小さく抑えるもので、建物の損傷を防ぐだけでなく、人の安全と設備機器を守り、居住性を確保するものです。

お問い合わせ

オイレス工業の免震・制震装置に関するお問い合わせは
こちらからお願いします。